商業施設に導入されるクライミングウォールについては、安全性がしっかり確保されていることと、ユーザーが楽しんで登れる課題が作れる形状であることが重要です。自然の岩の形状に正解・不正解はありませんが、人工壁には不正解が存在するのです。

ツイキクライミングクリエイターでは3次元CADを使用することにより、設計段階からより具体的な完成イメージを持ち、さらに部材の寸法も正確に決まるために、現場作業を極力減らすことができるため、安全でコストを抑えたウォール設計施工を行うことができます。さらに選手・ルートセッターとしての豊富な経験に基づく目線から「面白い課題」が作れる壁をご提供いたします。

新築・改築両方に対応

ツイキクライミングクリエイターでは、クライミングジムの新築、増改築共に豊富な経験がございます。

クライミングウォールをどのようにして作るかは、「クライミングウォールの施工の流れ」をご覧ください。

新規クライミングジム

ボルダリングジムやリードクライミングのジムなど、新たにジムをオープンする際に、壁の形状は悩みどころです。壁の形状によって、どのような課題を設定するかなどジムの方向性を決定づけるからです。何もない空間にどのようにして壁を配置するかを、事前にしっかりとイメージするために、主に下記の点を重要視しています。

登って楽しい壁

何よりもお客様がボルダリング、リードクライミングを楽しめるような壁にすることが重要です。壁の形状はスラブ、垂壁、被りといくつかの種類に分けることが出来ますが、初心者から上級者まで様々なレベルのクライマーが楽しめるような課題設定が必要です。3DCADを用いることで、自然の岩場のような立体的な形状の壁をご提案しております。

安全面への気配り

安全とは、壁の強度を確保することはもちろん、クライマー同士がぶつからないか、怪我を誘発しやすい形状になっていないか、などの気配りも必要となります。

休憩場所の確保

上述の安全への気配りとも重なりますが、特にボルダリングジムは、休憩中の人の上にクライマーが落ちてくる事故が想定されます。もちろんお客様に事前の啓蒙活動をしっかりと行う事も必要ですが、できるだけ事故を避けるように、事前に休憩場所の配置を考慮に入れた設計をします。

既存クライミングジムの増改築

既に営業中のジムの壁を、改築するご相談にも応じております。

新築ジムと同様に、既存のスペースを生かしてより登って楽しい壁になるように、安全面、強度にも気を配った設計施工を行っております。

省施工による短工期を実現

ツイキクライミングクリエイターでは、3DCADの利用、アングル工法の採用により、省施工、短工期を実現しています。特にジムを増改築する際には、営業時間になるべく影響を及ぼさないようにしたいものです。

3DCADの活用

3DCADを活用して設計することは、お客様に事前に完成後のイメージを持って頂くだけでなく、クライミングウォールに使用するパネルなどを事前に加工しておくことも加納となります。なるべく現場での作業を減らして、工期を短縮するようにします。

アングル工法

クライミングウォールを建物にしっかりと固定するために、基本的にアングル工法を採用しています。この工法はしっかりとした強度を保ちながら、現場作業を減らし工期を短縮させることができます。
※現場状況により、他の工法を採用する場合もございます。

代表が持つ豊富な経歴がノウハウ

クライマーとして様々な成果を残してきた代表の立木が持つ多くの経験を元に、空間に見合ったクライミングウォールのご提案をさせて頂きます。

豊富な施工事例

これまで、様々なクライミングウォールの設計施工を行ってきました。施工実績のページで施工事例や壁のフォトギャラリーをご紹介しておりますので、是非御覧ください。

ロックランズの運営が引き継がれて早半年。
今回の任務は閉店された某ジムのボルダー
Hさん邸のドライツーリングウォールを見学
東京都某所、Hさん邸のプライベートウォー
沖縄旅行ではもちろんクライミングも!初日
こんにちは、立木組ブログ担当のあやのです
2月14日に入籍しました!ツイキ組を縁の
これまで制作してきた様々なクライミングウ
こんにちは! 立木組 ブログ担当のあやの
初めてボルダリングに挑戦する方でも安心な
新築の一戸建てを建てるにあたり、そのうち
仕事柄忙しくてジムにいけない時が多いので